不妊治療の方法はどのようなもの?

不妊症とは結婚して避妊をしていない状態で、1年以上赤ちゃんを授かることが出来ない事が定義とされています。

不妊症の主な原因としては、

1)女性側の主な原因  卵巣機能不全、子宮内膜症など

2)男性側の主な原因  無精子症、性交障害など

3)その他  原因がわからないもの

以上の事が原因として考えられますが、検査をしても原因が分からないことも多く、複数の原因が絡み合って不妊の症状になっている場合がありますので、妊娠を望んでいても妊娠しない場合は早めに受診することが大切です。

不妊治療の方法はいくつかありますが、原因によって治療法が異なります。

1)タイミング法  一般的に最初に行われる治療法で、おりものの状態や卵胞の大きさや血中値などから排卵日を正確に把握して、その日に合わせて夫婦生活を営んでもらい自然妊娠を目指す方法です。

2)人工授精   人の手を介して男性の精液を女性の子宮に注入する方法で、ヒューナーテストが良くない場合、排卵日に夫婦生活を行ってもなかなか妊娠しない場合、精子に不妊の原因がある場合等が対象になります。

3)体外受精   文字通り体の外で精子と卵子を授精させ、受精卵を子宮に戻す方法です。

一定期間人工授精を行ったが妊娠しない場合、精子に不妊の原因があると考えられる場合、女性の卵管閉塞が原因の場合等です。

以前は高度な不妊治療でしたが、現在は一般的な方法になっています。

体外受精の一種に顕微授精があります。